MENU

谷佳亮アイスホッケーから野球に変わった理由は?高校やwikiプロフィール、経歴も!谷亮子の息子画像あり

東京学館浦安高等学校野球部の谷佳亮(たに・よしあき)選手が注目されています。

両親は、元プロ野球選手の谷佳知(たに・よしとも)氏と元オリンピック柔道代表の谷亮子(たに・りょうこ)氏。

高校から本格的に野球を始めたにもかかわらず、東京学館浦安高校の勝利に貢献しました。

谷佳亮(たに・よしあき)選手は、なぜこんなに早くレギュラー入りできて勝利に貢献できる実力があるのでしょうか。

野球を始める前は、アイスホッケーをやっていたという情報も。

いずれにしろ、運動神経が並外れている選手であるのは間違いなさそうです。

今回は、東京学館浦安の谷佳亮(たに・よしあき)選手をピックアップします。

目次

谷佳亮がアイスホッケーから野球に変わった理由は?

谷佳亮(たに・よしあき)選手が高校から野球部に入った理由は、海外の高校進学が難しくなったからです。

谷佳亮選手は、小学3年から中学2年までアイスホッケーをしていました。

そのために海外の高校を目指していたのに、コロナで断念。

様々思うところはあったと思いますが、見事に切り替えて父である谷佳知氏から、中学3年から1年間指導を受けました。

海外留学を目の前にしての他の競技からの転向です。

トップアスリートであるご両親のDNAもあるかとは思いますが、それを見事に生かす努力を重ねての結果だと思われます。

アイスホッケーのトップリーグを目指すには

谷佳亮選手は、中学2年までアイスホッケーをやっていました。

アイスホッケーの海外トップリーグに入るには、やはりジュニアから目指すルートになります。

中学3年生の秋、もしくは遅くとも高校1年生の秋の段階で北米の学校に留学し、現地でプレーしているのが必須です。

要は14歳〜16歳の間に留学を実現させることが理想的です。

引用元:NHLを目指すなら14歳までに海外へ

現地で活躍するためには英語力も必須。

英語力をつけるためにも最適な年齢として、14歳から16歳までに海外留学が必要となります。

幼い頃から海外に行っていた?

谷佳亮選手は、海外にでる機会もよくあったようです。

子供がカナダやアメリカに行く機会が多くて。英語を話せたほうが便利だから、私も英語を勉強してるんです。

将来的にアイスホッケー留学をするかわからないけど、スポーツを通じて、いい経験を積んでもらいたいと思ってます。

引用元:スマートフラッシュ

やはり、トップアスリートである両親のもと海外が身近だったようですね。

谷佳亮の高校は東京学館浦安高等学校!プロフィールや経歴

谷佳亮選手のプロフィールや経歴です。

名前谷 佳亮(たに よしあき)
生年月日2005年12月31日(16歳)
在住地東京都
身長171センチ
体重64キロ
在学高校東京学館浦安高等学校

谷佳亮選手が在学している高校は千葉にある東京学館浦安高等学校です。

tani-yosiaki

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次