MENU

空飛ぶ車はいつできる?2025年から乗れるのはホント?いくらで買えるのか調査

SF映画でおなじみの「空飛ぶ車」が、3年後に実際に乗れるようになります。

「バックトゥザフューチャー3」で空中を飛ぶ車が出てきましたが、今までフィクションの世界にしかないと思っていた夢の「空飛ぶ車」が日常生活に入ってくるのは確実のようです。

まずは「空飛ぶタクシー」で、誰でも乗れるように設定されるようです。

今回は、空飛ぶ車ができる時期や3年後には本当に誰でも乗れるようになるのか、もし購入するとしたら価格はいくらなのか調査しました。

目次

空飛ぶ車はいつできる?メーカーは 日本にある?

では、空飛ぶ車」はいつできるのでしょうか。

日本国内で製作されているのか気になりますね。

大阪万博2025に空飛ぶ車にほんとに乗れる?

2025年に開催が予定されている大阪関西万博で利用できるようです。

2025年に乗用で利用できる用になるようですね。

有人飛行試験が2020年に成功しているので、技術開発は相当以前から始まっていたということです。

そして2020年には、どこかで空飛ぶ車がひそかに飛んでいたのです。

空飛ぶ車のメーカーは日本にある?

2022年現在、空飛ぶ車を開発している企業は7社あります。

川崎重工業

SkyDrive

テトラ・アビエーション

プロドローン

ANAホールディングス

AirX

日本航空(JAL)

引用元:自動運転LAB.

SkyDriveは、2018年に設立したベンチャー企業で、2020年には有人飛行試験に成功しています。

空飛ぶ車はタクシーになる?大阪関西万博2025で乗れるウワサは?

2020年に有人飛行試験に成功した空飛ぶ自動車ですが、2025年に開催される『2025年日本国際博覧会』で、来場者タクシーとして利用されるようです。

空飛ぶ車のスピードやシステムです。

  • 時速100キロ
  • 自動運転システム
  • 2人乗り

今のところ運航されるようです。

運航経路等はまだ未定です。

空飛ぶ車は航空機に近いイメージ

空飛ぶ車は、自動車より航空機に近いのかもしれません。

機体の重さも、軽量化する必要があるので軽自動車の半分ほどです。

軽自動車は約650㎏ですから、約325㎏ほどでしょうか。

軽自動車より軽いとは驚きです。

空飛ぶ車はいくらで買える?

空飛ぶ車をもし購入するとすると、どれくらいの価格になるのでしょうか。

今のところ、購入には数千万単位となるようです。

幅はありますが、ちょっとした不動産物件ほどの価格イメージです。

いったいどんな人が購入するのでしょう。

空飛ぶ車はいつできる?2025年から乗れるのはホント?まとめ

今回は、映画の世界の存在と思われてた空飛ぶ車があと数年で実用化され、タクシーとして利用できる可能性についてご紹介しました。

すでに有人飛行試験も終了していたとは驚きです。

フィクションの世界だった乗り物や技術や、2025年の『2025年日本国際博覧会』から現実になるとはすごいですね。

この国際博覧会で展示されたものは、後年実現しているケースが多いのです。

『2025年日本国際博覧会』をきっかけに、また新しい何かが始まるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる