レインコート自転車ママにおすすめはどんなタイプがいい?

ママレインコート

雨の日も子どもと一緒にお出かけしないといけない日もありますが、自転車に乗っていなかったりしたらどんなレインコートを選んだらいいのか迷ってしまいますね。またママになって子どもと一緒に乗ることを考えるとどれがいいのかますます悩んでしまいそうです。そんなレインコート事情を探ってみました。

スポンサーリンク

レインコート自転車ママのおすすめは?

頻繁に着用する可能性が高いなら、コートタイプをおすすめします。
コートタイプなら着丈が自分の膝下くらいまであると、自転車の椅子に座ったときに膝までカバーできて濡れるのを防ぐことができます。
フードは風にあおられてしまうことが多いです。飛んでいかないようアゴの下でヒモなどで固定できるようなものが安心です。

フードの下にかぶれるバイザーがあると目の部分にフードが滑って落ちて視界を塞ぐことを防止できます。

脱ぎ着しやすいポンチョタイプは、小さなお子さんがいると素早く動けるので重宝しますね。

しかし、普通に自転車をこいでいるだけでも風で巻き上がることもありますので、あまりにも軽すぎるものは選ばない方が良い場合もあります。

上下が別れたタイプは、下がズボンなので足下がさばきやすく、自転車にも絡まる心配がありません。
安全性と実用性にポイントをおいています。

スポンサーリンク

サイクルポンチョなら、ハンドル部分も覆われているので両手も濡れにくいですよ。

レインコート自転車ママの防水はどうする?

東レのエントラントという素材の生地を使ったレインコートだと、防水性の高い生地になっています。
雨はしっかりはじきながら蒸れは逃がすので内側はさらっとしています。
豪雨時も耐水性を発揮できるしっかりとした素材になっています。

エントラント®←HPにとびます

撥水タイプは雨の降り方が強い時、雨が内側まで染みてきたことがありましたが、普通の雨降りくらいなら大丈夫でした。
雨の様子でどのタイプを着るかを決めてもいいかもしれません。
徒歩で弱い振りの場合はレインコートタイプ、強い雨の時は完全防水タイプと分けて使ってます。
モンベルなどのアウトドア用品のものであれば、蒸れにくくて丈夫で軽ので、不快な湿気を避けられます。
モンベル←HPにとびます

自転車ママのレインコート脱ぎやすいタイプは?

さっと脱げるタイプは、コートタイプ・ポンチョタイプです。しかし、雨の降り方次第ではかなり足下が濡れてしまいます。足下も長靴をはいて、長靴の長さまでレインコートがあるほうがいいかもしれません。
自分の体格に合った長さのレインコートを試してみて足さばきなど確認してみるのもいいかもです。

まとめ

雨の日の自転車…悩ましいですね。乗らないで済むならいいのですが、そうも言っていられない時があります。
足下が濡れなくていいのは、私はセパレートタイプなのですが、着替えがめんどいな~と思ってしまいます。
レインコートをも試せるなら何種類か試してみて、自分に合ったタイプでストレスなく雨の日を過ごしたいですね。

スポンサーリンク