整理整頓

浴室のカビ取りはこの方法で簡単に掃除できます!カビ予防は必須です

浴室のカビ取り掃除はなかなか頑固です。掃除の方法やどのくらいの期間でやるのか気になりますね。できたらパパッと済ませたいのが浴室の掃除。カビの予防についても探ってみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

浴室の取りにくいカビ取り効果が出るポイントは?

カビ菌は菌糸を伸すことで範囲を広げていきます。

 

パッキンは柔らかいので、カビが菌糸を伸ばしやすい素材なのです。

 

気がついたら黒カビがいっぱいだった…なんてことはありがちです。
今もこの黒カビをどうきれいにしようか悩んでいるのですが、範囲が広すぎてパッキンを交換したほうがいいのかも、とちょっと頭が痛い事態です。

洗剤や熱をカビの菌糸の奥深くにまで染み込ませることでカビ菌を死滅させるのがカビ取りのコツです。カビ菌を死滅させることが大事です。

 

こちらでは体にも優しい重曹を使っての掃除の仕方をお知らせしてます。

 

 

クエン酸・重曹を使っての掃除

炭酸ガス(無害です)を発生させることでカビ菌除去の効果が高くなります。

①重曹ペーストをカビ菌の部分に塗布した上からクエン酸水をスプレーする。ラップをさらにその上から貼り付ける。
②1時間程放置してから、歯ブラシなどこする。

キッチンハイターなど塩素系の物より効果は落ちますが、手で触っても安全です。

 

 

効果的にカビ取りをするには

 

浴室が乾燥している状態で水分を拭き取ってから行う・洗剤をカビ菌に吸着させ浸透させることで効果が高くなります。

 

 

浴室のカビ取り天井をきれいにするには

浴室の天井は入浴するたびに水滴つきますし湿気がこもりやすいのでカビが繁殖しやすい条件がそろっています。

天井は見落としがちですが、掃除をしておいた方が絶対によい場所なのです。
天井は上にありますよね。ということは、天井にカビが生えていると気づかないうちに上から落ちてきてしまうということなのです。

という理由から、浴室天井掃除もおすすめします。年6回とか10回とかで、きるタイミングで天井掃除もしておきましょう。カビのシャワーいらないですよね…。

天井という場所柄、上から水が落ちてくるので安全を考慮して、消毒用エタノールや重曹水・セスキ炭酸ソーダ水などを使う方が安心です。

以上て3点は全てドラッグストアで販売されていますので、比較的購入しやすいですよ。
体に安全なものですが、やはり目などに入らないようにゴーグル等はつけておいてください。ゴム手袋や帽子・マスクなどで全身を保護して、体に飛び散らないように注意して掃除しましょう。

柄の長いシートを張り付けられる仕様のワイパーなどを使うと、高い天井も掃除がしやすいです。

 

 

浴室天井掃除の手順

 

①ワイパーのシート貼り付け部分に、重曹やセスキを塗り付け天井にムラなく塗布していきます。

②10分以上時間(時間は目安です。現状に合った置き時間にして下さい)をおいてからシャワーで洗い流します。天井からの洗剤が混じった水をかぶらないようにご注意下さい。

③新しいシートをワイパーにつけて天井の水分をふきます。

④窓や扉を開けたり換気扇を回したりして浴室を乾燥させせます。

天井や高さのあるドアなど、身長より高い場所に塩素系などのカビ取り洗剤を直接スプレーするのは危険です。

気を付けているつもりでも何が起こるか分かりません。目にはいったり、体にかかったりする確率がより高くなります。

掃除中は浴室の窓を開けての換気や換気扇を回しておいたり、ゴーグルやゴム手袋・マスクなどで必ず保護をしておきましょう。

 

浴室はカビ予防をしておくと手間なしきれい

 

浴室のカビにいちばん効果的なのは普段のお手入れです。これがいちばん効果があります。
生えてしまったら増殖してしまいます。最初からカビがない、あるいはとても少ない状態が維持できれば掃除の手間はありません。時間の節約にもなります。

 

毎日しておくといいこと

 

●排水溝にたまっている水をシャワー(水でもお湯でもよい)できれいにする。石鹸やシャンプーなどで排水溝にたまっている水は淀んでいます。
これを透明に近い状態にしておくとぬめりが取れるので、カビの温床になりません。浴室の床は排水

溝からカビが広がることが多いです。
ここをきれいにしておくと、カビも生えにくくなりますし排水溝の掃除の負担が減ります。

 

●壁や床の水分をざっくりでもいいので拭いておくといいかもしれません。
乾燥が早くなりカビが繁殖するスピードを幾分か抑えられる可能性があります。
スクイージなどで水をふき取るときれいに取れます。

 

●浴室乾燥機が付いていたら終わりに乾燥させるようにすると床も壁も乾燥できますね。乾燥でなくても送風で30分以上かけ、終了後に窓を全開にしておくと天井・床・壁など格段に乾きやすくなりますので試してみてください。

 

まとめ

 

浴室掃除に時間がかかっています。生えてしまったカビ、特に黒カビがなかなかきれいになってくれないのです。できたら掃除はしたくはないけれど、でもしないと何だかスッキリしないのが浴室なんです。
浴室の床にはシャンプーボトルやボディソープなど一切置かないようにしています。それだけでもカビの繁殖が格段に少なくなりましたので、もし置かれていて床にカビがよく生えている…という方は試しに床から一掃してみてください。少なくなるかもしれませんよ。黒カビの退治をしていきたい今日この頃です。

スポンサーリンク

-整理整頓
-