義母にもらった赤ちゃんの服着せてほしいと言われた時はどうしてますか?

赤ちゃん服箪笥いっぱい

初孫が生まれて、嬉しくてたまらない旦那さんのおとうさんおかあさん。
とても喜んでくれて、それはとても嬉しいのですけれども服をたくさん持ってきてくれて、有難いんだけど悩んでしまった、ということありませんか。
その服を着たところを見たくてワクワクする気持ちも分かるけれども、でもなんだかモヤモヤするようなしないような…。
意外に多いのです。もらった服をどうしよう!!と悩んでいる新米お母さん。
こんな時にはどうしたらいいのか悩んだ時の対処法を調べてみました。

スポンサーリンク

義母から孫にもらった服を着せる?

非常に悩ましい所ですね。母親の自分が着せたいデザインや素材と頂いた服はどうしたって好みの差があります。
しかし、沢山もらった服が全て無理かといえばそうではない場合もあるかも…????しれません。
沢山ある中から「これは大丈夫」というものを選んで着せてみましょう。

やっぱり着せたい服ってありますし。
タンスがいっぱいになってしまうと、買いたい気持ちを抑えてしまって買ってもいいはずなのに「買ったら申し訳ない」みたいな気持ちも出てきてしまいますよね。
ご両親の気持ちを考えると「自分で買いますから買ってこないで欲しい」というのはなかなか言えるものではありません。
だからストレスが溜まってしまうのですが、ほんとここは一筋縄ではいかない所です。
しかも旦那さんが自分のお母さんの楽しみだから、とか、覚悟して(これにはさすがに参りました)なんて言われようものなら、この気持ちをどこに持って行けばいいのやら。
大目には見られません!!奥さんは買いたい気持ちを抑えているのです!!
ということをわかってほしいと声を大にして言いたいです。
着せたい服を着せられないのはストレスが溜まってしまいます。
奥さんが爆発をしない為にも我慢しすぎなくていいようにする為にも、旦那さんは奥さんの気持ちを聞いてあげて伝えられるならソフトにご両親に伝えてください。
それが双方のストレスを和らげるポイントではないでしょうか。

スポンサーリンク

義母からもらった孫の服いらない場合の対処法

服を送ってくれるのはそれを着た姿を見たいから。なので、これもお付き合いと割り切るようにしました。
慣れてくると「これはありがとうございます」「あ、これはまだいいですから」とチョイスしながら受け取ることができるようになります。(あくまで一例です)
着るのは義実家に行く日に限定したり、洗い替えに保管しておいたり。意外に数が必要だったりします。
また、値札を付けたまま着せてから写真だけ何ポーズか撮ります。
写真を撮って送ったら、後はタンスにしまいこんでもいいし、そうしました。
一度着せて写真に撮る。そして、そのまま売ってもいいし仕舞い込んだままでもいいですよ。
もう何も言わないでおきたい場合は新しいうちに売るという手もあります。必要としてくれる人は必ずいます。
「はっきり言ってこれは着せたくないんです」というのはなかなか言えるものではありません。(反対の立場に立つと自分も言われたくないかもです)
すべてお礼を言って受け取って、自分が着せたい服を残してあとはバザーに出す方法もあります。
お医者さんや保育園・幼稚園の先生からこういう素材の物をなるべく着せてあげてくださいと言われてるんで…とやんわり伝えてみるのもいいかもしれません。

買いたくて仕方ない時は希望を伝えてみる

かわいい孫の服を買いたくてしょうがないときは「◇◇の服が好きなんですよね~」と希望を言って欲しい物を買ってもいいかもです。
ショッピングモールや百貨店に一緒に行って、「この店が好きで、こんなのがいいんですよ」と買いたい服を実際に見てもらうと分かりやすいですよね。
お子さんは両家の孫で、おじいちゃんおばあちゃんが孫かわいくて仕方ないのも当然なんです。
孫の洋服を買いたいというおじいちゃんおばあちゃんの気持ちも頭の隅にちょっと置いておいて、自分の希望も伝えてみましょう。
かつては同じお嫁さんの立場だったのですから思い出してくれます…その時の気持ち。(多分おそらく)

まとめ

初めての赤ちゃんが生まれて育児が始まるとそれだけで頭の中がいっぱいなのに、洋服までたくさんもらってしまったら一瞬「思い描いた私のイメージ」が崩れてしまってなんだかもうこれに対処するにはどうしたらいいの!!状態になってしまいました。慣れない育児に対応するだけで正直後は手が回りません。時間が経って落ち着いてくるといろいろ考えられるようになってくるのですけれど。特に初孫で嬉しくてしょうがない気持ちも今ならとても理解ができますし、有難いなとも思います。みんなが嬉しい時間を過ごすことができるようバランスを取っていきたいですね。

スポンサーリンク