大学受験のホテル予約はいつ?どこから予約をすればいい?キャンセル方法は?

大学受験

高校までは家から通えるところに通うことが多いですが、大学となると自宅から遠い大学を受験する子どもさんも増えますね。
学部によっては交通の便の悪い場所にあったり、受験予定の大学の近くにホテルがあっても数が少なかったりするケースもあります。
大学受験のホテル予約のポイントなどまとめてみました。

スポンサーリンク

受験する大学が絞られているなら大学周辺の環境を把握して

まだ決定ではないけど、現段階で受験先が見えているならばホテルの予約を検討してもいいかもしれません。
10月以降で予定をされていたり、受験大学の生協からの斡旋で(金額がかなりかさむ場合は大学生協斡旋の方がよい場合もあります)予約を予定されている場合もあるとは思います。

しかし、これも予約日の時間前からPC前で準備万端で一斉に予約をポチっとするのですから、タッチの差で予約ができない場合も十分にあり得ます。
特に今年初めて子どもさんの受験をされる方で、遠距離受験予定の方でまだ何も調べられていない方。蛇足になりますが、高校はそこまで配慮はしてくれません。
今からでも、受験大学周辺の環境・交通経路・受験大学近辺にホテルがあるのかないのか調べておくことをお勧めします。
理系学部は郊外に学部を設置している場合が多いです。というか、ほぼ郊外にしか理系学部はない印象さえあります。
なので、本学は便利な市街地にあったとしても、理系学部はそこから電車に乗って30分以上…なんてざらにあったりします。

立地も把握されていると、どう行動すればいいのか見当がついたりするので動きやすくなります。初めての土地では立地を知っているかいないかで、入ってくる情報も動き方も違ってきます。
土地勘のない所での受験となる場合は、出来るだけ受験会場に近い場所にホテルを予約したほうが負担が少ないです。
気候帯が全く違う場合は、気候に対する対策も考えておかなければけません。そういう意味もあり、なるべく受験会場に近い所がいいかなとは感じています。(そして会場に近い所から満室になっていきます)

もし大雪が降っても、大雨(季節的にあまりないですが)になっても何とか歩いていける・交通機関が確保できるのであれば会場に行けます。
子どもさんの性格や傾向等を考慮に入れられて、落ち着いて受験に臨めるホテルを探してみてください。

るるぶ・じゃらん・楽天などで受験生の宿が予約できる

大学生協が提供する受験パックもありますが、いっぱいになって予約できない場合もあります。
一般のお客さんと一緒に予約という方法ももちろんありますが、受験生パックになると「受験生に配慮」された内容になっています。
一般予約の枠だと、夜中休みたい時や教科書に目を通したいときに、時間にかかわらず騒いだりする声が聞こえてくることもあり、直前に余計なストレスを抱えるかもしれませんし、普段そういうことが気にならないお子さんでも気になってしまうかもしれません。
受験にきたのですから集中できる環境を確保したいですね。
大学生協斡旋のホテルは、該当の大学を受験する人達しかほとんど出会いませんでした。

スポンサーリンク

「受験生」枠で予約できるプランのあるサイトです

るるぶ受験生応援パック

じゃらん受験生の宿

楽天受験生応援!おすすめプラン特集2017-2018

マイナビトラベル受験生の宿特集

キャンセル料が発生する場合がありますので、予約に関する注意事項キャンセルについて等をよくご確認の上ご予約下さい。

受験大学が決定したら受験予定ではなくなったホテルは早めにキャンセルを

さて、一般受験の場合は一月最終週くらいになってくると、受験大学が決定してきます。
決定した場合は、キープしてあるホテルは早急にキャンセルをしましょう。
実はなかなか予約できなくて、キャンセル待ちをしている方って結構います。
せっかく受験大学は決定しても、ホテルがなかったら…ましてや連泊しないといけない受験日程だったら…もうどうしていいのか分からなくなりますよね。
キャンセル料も考慮して、忘れないようにチェックしてくださいね。

キャンセルの場合はこちらから

るるぶ サインイン・予約の確認

じゃらん 予約の照会・変更・キャンセル

楽天 個人ページ 予約の確認・変更・取消

マイナビ 予約確認・変更・キャンセル

キャンセル料が発生する場合がありますので、予約に関する注意事項キャンセルについて等をよくご確認の上ご予約下さい。

大学生協で予約された方もキャンセルの場合があると思います。
キャンセルが決定した時点で、早目に大学生協に連絡しましょう。電話連絡が早いですが、連絡方法についても大学生協受験生応援サイトを確認してみてから行ってください。
キャンセルした場合の返金方法については各大学によって違いますので、キャンセル連絡時に必ず確認をしておいてください。けっこう覚えていないもので、後になってキャンセル手続きをしたのかしていないのか、忘れる場合もままあります。

まとめ

自宅外受験の大問題はホテルの確保です。遠距離受験の場合を考えて毎年9月になってからアップされる各大学の「受験生応援ページ」を見てどういう準備をしていったらよいのか見ていました。
そこで徐々に「自宅外受験時のホテル確保の手段」がポイントであることに気づいたのです。
詳しく見ていくうちに、大学生協斡旋の場合もやはり条件の良い場所(受験大学の近く)のホテルから満席になり、飛行機も午後の便しか残っていないこともあるということが分かりました。直前の準備では間に合わないので受験日程を把握の上、まずはホテルの確保の方法をどうするかを考えておいた方がいいことに気がつきました。

ざっくりとどういう受験になるのか分かっていたら、該当大学の受験生応援サイト(9月には各大学生協による次年度受験用の受験生応援ページがオープンしています)や上記サイト等でのホテル予約方法などを確認しておかれるとスムーズです。

なお、こちらに記載しましたのは様々ある受験スタイルの中の一つですので(主に一般入試)全てに当てはまるわけではありません。ご了承ください。

スポンサーリンク