季節行事

お正月飾りで一夜飾りを避けるのは?一夜飾りにまつわるおはなし

お正月飾りを大晦日12月31日に飾ることを一夜飾りといいます。そしてこの一夜飾りは避けた方がいい理由と、もし飾ってしまった場合についてご紹介します。

スポンサーリンク

一夜飾りの意味

12月31日の大晦日に、しめ縄や門松などのお正月飾を飾ることを【一夜飾り】といいます。

お正月飾りは、新しい年にいらっしゃる神様をお招きするためのもの。「飾らない方がいい日」を避けてお正月飾り飾る期間内に済ませた方がよいとされています。

新年の前日に飾るのでは、神様に対する誠意が感じられないというイメージもあるようです。

また、新年にお迎えする神様は【福の神様】でもありますので、そういう言われとなったと考えられます。

なぜ一夜飾りを避けるのか?その理由は深い

では、一夜飾りを避ける本来の理由はどのようなものなのでしょうか。

新年にいらっしゃる神様は12月31日の早朝には家に到着しているからなのです。ということは、12月31日の日中太陽が明るくなってからでは神様の到着には間に合いません。

新年の神様は12月31日の早朝にはもう各お家に到着している。

それまでに、お正月飾りが飾られているのがよい、という理由があるのです。

お家にいらっしゃる神様は、毎年交代制なので12月31日の早朝にお正月の飾りが飾られていないと、お正月を迎える気持ちがあるのかわからないのでお帰りになられるそうです。

せっかく新年がやってきたのに、実は神様はお家にいらっしゃってはいなかった。というのはちょっと寂しいので、12月30日にはお正月飾りの飾り付けを済ませておきたいものです。

また、新しい神様を迎えるお正月がくることはわかっているのに、準備を前日にするのは神様に対して失礼にあたる、葬儀の飾りが一夜限りであるなどの意味もあるそうです。

※早朝とは​​​​夜明けからおよそ1〜2時間のことをさします。

スポンサーリンク

新年のカレンダーもお正月飾りの範囲に入るのか

新しい年のカレンダーを飾るのも気持ちが新たになり、お正月飾りのように思えますが別物です。

お正月飾りとは、あくまでも新しい年に新しい神様をお招きするためのものです。

カレンダーについては気にしなくてもよいでしょう。

うっかり一夜飾りをしてしまった!でも大丈夫な対処法

年末の慌ただしい中、気づけばもう大晦日当日でお正月飾りを何ひとつ飾っていなかった。

ということもあるかも知れません。もしくは12月31日と意識しないでナチュラルにお正月飾りを済ませ、はっと気づくことも。

そういう場合は、新年が明けた1月1日午前0時を過ぎてから飾り直してみてください。

神様はきっとあなたのお正月飾りに気づいて訪ねてきてくださいますから!

まとめ

お正月飾りにおいて、12月31日に飾る一夜飾りを避ける方がよい理由と対処法についてご紹介しました。新年の神様は12月31日の早朝にはすでにいらしゃっているので、前日の12月30日までにお正月かざりを済ませておくほうがよいようです。

スポンサーリンク

-季節行事