季節行事

お正月飾りを12月29日に飾るのはNGな理由がある

お正月飾りを12月29日には飾らない方がいいのです。それなのにお正月飾りを飾ってしまった場合どうすればいいのか、飾ってしまった場合どうすればいいのか、お正月飾りにまつわるどうする?をご紹介します。

スポンサーリンク

お正月飾りを29日に飾らない方がよい三つの理由

12月 29日にお正月飾りをうっかりと飾ってしまい、新しい年が大変になってしまったらどうしよう、と悩んだことはありませんか?

29日に飾らない理由は三つあります。

29日は苦が重なる

29日は『にじゅうく』とも読めますので、めでたいお正月の飾りを飾るにはふさわしくない日とされているのです。

『苦立て』

門松もぎりぎり30日になる前に飾りたいところ。しかし、門松も29日に飾ると『苦立て』と言われます。

『苦立て』=苦が立つという意味になります。

『苦持ち『苦をつく

お餅つきも29日は避ける日とされています。『苦持ち『苦をつく』という意味にも取れるということですね。

九は苦と言い換えられるので、できればこの日でなくてもという考えがあるのです

新しい年をお迎えするお正月飾りだけに、万難を廃する意味があるのかもしれません。

31日も避けた方がいい理由は?

31日に飾ると『一夜飾り』と言われます。新年の前日ですから、いかにも慌てて飾りましたという感じにもとれますね。

前日にバタバタお正月飾りをしたのでは、年神様に対して礼儀が欠けますよ、という意味もあります。

また、お正月準備は直前にするのではなく、準備期間をしっかりと持って新年を迎えなさい、という躾の一環でもあったようです。

スポンサーリンク

12月29日に飾ったお正月飾りはどうすればいいのだろう

すでに飾ってしまって、29日中に気付いて気になるようならば、しまってみるのもいいかもしれません。

自分の気持ちが落ち着かないなら、気持ちよく年末年始を過ごせないからです。

そして、翌日30日に改めてお正月飾を飾り直す方がスッキリと新年を迎えられそうならばそのほうがよいです。

また、お住まいの地域によっては29日『福の日』となっているかもしれません。

その場合、何も気にすることはないですね。

行事ごとは縁起をかつぐものが根拠となっている場合が多くあります。

気になる場合は、自分の気持ちはどちらがいいのかを大事にされるとよいですね。

元日にお正月飾りが取れてしまった!?こんな場合はどうする

もし、元日に風であおられたり、予想外の出来事でお正月飾りが取れてしまった場合。

慌てず騒がず、落ち着いて元の場所に戻して飾りなおしましょう。

故意に付け替えるのは、あまりよろしくないとされてきました。しかし、自然に取れた場合はあまり気にしなくてもよいのではないでしょうか。

お正月が終わった後、お近くの神社や地域の行事でのお焚き上げにご持参されお参りされたのでよいかと。

丁寧にお参りされれば、気持ちも落ち着くでしょう。

まとめ

12月29日にお正月飾を飾らない方がよい三つの理由を中心にご紹介しました。お正月を始めとした行事には験担ぎが含まれており、あえて忌み言葉などを避ける傾向があります。また、昔から伝えられている伝承も含まれていることも。自分の暮らしにあったスタイルを選ばれてみてください。

 

スポンサーリンク

-季節行事
-