喪中はがき無料テンプレート登録不要で作成できる!時短簡単費用も抑えて作成可能!

喪中はがきは喪中はがき用のテンプレートをダウンロードをして作成することができます。テンプレートに沿って文字をカスタマイズするだけで喪中はがきが簡単に作成が可能です。今回は登録不要の喪中はがき用テンプレートを使用し、文字入力のみで簡単に本文が完成する方法のご紹介です。

 

スポンサーリンク

喪中はがきテンプレートを使用した文字入力の方法

 

喪中はがきのテンプレートへのダウンロード方法、文字入力手順をご紹介します。
こちらではMicrosoftPowerPointを使用します。

編集の手順

 

①MicrosoftPowerPointのテンプレートをダウンロードする

 

喪中はがき - 無料テンプレート公開中 - 楽しもう Office
文章を差し替えるだけで簡単に作れる喪中はがきのテンプレートです。

こちらのサイトからダウンロードします。

 

② 赤枠をダブルクリックしてダウンロードします。

 

 

③ダウンロードできたら画面【2】をクリックします。

 

 

 

この画面に直接文字を入力して編集します。

 

③【編集を有効にする】をクリックするとテンプレートが編集できるようになります。

 

 

 

④喪中はがきテンプレートをクリックします。

編集したい文字の場所をクリックすると、編集できる範囲が設定されます。

【冒頭挨拶】【本文】【日付】【住所と電話番号】【氏名】のブロック毎に選択されますのでブロック毎に文字入力をします。

編集ブロック選択は任意です。

 

 

 

 

 

⑤本文を編集します。

○月の部分をクリックすると文字を入力できます。

任意の文字を入力してください。

文字入力をするときはカーソルを入力したい場所に合わせ文字入力をします。

 

 

 

⑥日付を入力します。

任意の日を入力してください。

 

 

文字入力のポイント

●入力したい場所にカーソルを合わせます。

 

●ひらがな入力で「さん」と入れると文字候補が出てきます。

 最適な文字を選択して確定してください。

 

 

 

●次に月を入力しています。

候補から最適な候補を確定してください。

 

 

 

⑦住所と電話番号(任意)を入力します。

 

 

 

 

 

郵便番号も同じように入力していきます。

縦書きなので漢数字変換が見やすいでしょう。

電話番号を入力しない場合は該当箇所を削除します。

 

⑧住所を入力します。

テンプレートは「○○県」となっていますが、「県」以外の都道府の場合も

「○○県」まで選択→東京都と入力することができます。

 

 

 

 

⑨差出人氏名を入力します。

 

 

 

⑩完成です。

 

 

 

印刷は「フチなし印刷」を設定してから行ってください。

 

 

Word形式を使う喪中はがきは文字を当てはめるだけで簡単に挨拶文作成ができる

縦書きのテンプレートは漢数字の変換に悩むことがあります。しかしWordは縦書き変換も見込まれていますから、数字を入力しても漢数字に変換されます。住所や電話番号など数字入力がとても簡単です。

 

登録不要!Word形式で喪中はがきテンプレートがダウンロードできるサイト

ここからはWordで文字入力ができる喪中はがきダウンロードサイトのご紹介です。

 

喪中はがきのテンプレートダウンロードサイトの無料喪中はがきドットコム!

 

 

喪中はがき無料テンプレートサイト【喪中はがきドットコム】
会員登録不要!喪中はがきの無料テンプレートダウンロードサイト。新元号「令和」にも対応済み!ワード・PDF・画像がダウンロードできます。スマホからでも印刷来ます。

 

ギフトニシバ

 

 

喪中欠礼はがきの無料テンプレート/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

 

 

登録不要でダウンロードができるのがポイントです。テンプレートなので文章を考える必要もなく、当てはめるだけで完成するので時間のない方にもおすすめです。

 

まとめ

 

今回は、登録無料の喪中はがきテンプレートを使いPowerPoint使用の作成方法をお伝えしました。基本的に文字入力のみで完成するテンプレートです。○○のところに該当する単語を入力するだけで簡単に挨拶文を作成することが可能です。今回はPowerPoint画面からの編集になりましたが、入力自体はWordと同じです。文章をカスタマイズするだけなので時間がなくても手早く完成します。

喪中はがきは年賀状の用意を始める11月中旬から12月上旬までに届くように用意するのがマナーです。12月中旬には年賀状の受付が郵便局で開始されます。この時期より遅くなると、お知らせ予定の方はすでに年賀状の用意ができ投函するだけになっている場合も考えられます。また、すでに年賀状を送っている可能性も。そのため、喪中はがきはできるだけ早めに用意することをおすすめします。

自分で本文作成をするので普通はがきを使用するなら、費用はほとんどはがき代(63円×必要枚数)のみとなります。

 

スポンサーリンク